スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
読書感想 「名前探しの放課後(上)(下)」
評価:
辻村 深月
講談社
¥ 1,470
(2007-12-21)
「名前探しの放課後(上)(下)」(辻村深月)

違う、これはさっきまで俺がいた世界じゃない。
生まれていたはずの甥っ子が、まだ姉のおなかの中にいる。つぶれたはずの喫茶店が、まだ開店営業している。
突然3ヶ月前にタイムスリップしてしまった主人公、いつかの脳裏に浮かんだのは、近い未来に自殺をして死ぬことになっている「誰か」のこと。
今ならまだ時間がある、止められる。なのに、なぜアイツの名前が思い出せない?
「誰か」の自殺を食い止めるため、いつかは4人の友人に協力を求めた。果たして結果は…



友人に勧められて読んでみました。気づけば上下巻一気読みしちゃったよー(笑)
辻村作品は今まで3作読んだのだけど、本当に学生を描くのがうまいなー。現実の学生よりちょっと大人びていてかっこいいんだけど、精神的にタフで、まっすぐで。不安とか怯えとか逃げとか、主人公達の心理描写も細かくて、この辺のうまさは恩田陸作品に通ずるものがあるんじゃないかなと思います。
苦手なものに立ち向かう姿勢とか、プライドゆえに他人に見せたくない弱点とか、伝えて欲しいのに伝えてくれない相手に対するもどかしさとか、そういうのがまっすぐ伝わってきて、「あぁ、そうそう!」って思わずにはいられない。
で、上巻なんですけれどもね。
設定が似ているんですよ、同作者の「冷たい校舎の時は止まる」と。どちらも死んだクラスメートの名前が思い出せないっていう。
これをどう差別化していくかというのが下巻の見所。
「誰か」の名前が分かったとき、いつか達5人はどう動くのか。そして未来はどう変わるのか。
ラスト付近に大逆転があります。うん、好きだ。最後までハラハラさせてくれるこういう作品が大好きだ。
読了後は爽やかな感じ。何かに一生懸命になる青春っていいよねと思います。そこから芽生える友情も恋心も。
あ、余談ですが辻村作品も作品同士がリンクしてるんですね!まだ全作読んでるわけではないので、気づけなかった部分もあると思うんですが、とりあえず本作を読む前に「ぼくのメジャースプーン」を読んでいて良かったと思います。これを読んでから本作を読むと、なんだか救われる気がします(笑) 「ぼくのメジャースプーン」、好きなんだけど続きが気になるラストだったもんね。うまいことできてるなぁ!!

★4〜4.5かな
| | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:11 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

   

   

『図書館戦争』公式サイト

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode